【鶴見生麦校】【サテライト教室】

 045-342-9316

日・祝・毎月29日以降除く 15:00〜21:00

合格実績

神奈川県公立高校受験者通塾週2コマ以上の生徒全員合格

2018年3月28日

今年は1月の模擬試験の結果で合格判定がボーダーゾーンや努力圏に入っている生徒が目立ち、しかもその全てが志願変更しなかったため、追い込みの勉強に追われ、毎日のように自学習に取り組んでいた生徒が目立ちました。この子たちが勉強に来ていたため、他の生徒も少なからず喚起され、全体としてはやる気モードがいい雰囲気で最後まで続きました。生徒により、教材会社のいろいろな予想問題をこなす者から点が取れそうな科目・単元に絞って得点アップを目指すもの。基礎事項が抜けていて出題されそうな箇所で点数アップにつなげられる勉強をする者等、十人十色の受験勉強でしたが、試験1週間前になっても自分では解ったつもりでも出来なかったり、大事な個所が抜けていたりしている生徒のチェックは最後まで続きました。

模擬試験では翆嵐も安全圏に常に入っていながら、サイエンスフロンティアの魅力に惹かれ合格したSK君や上位校も合格圏に入っていながら県鶴に合格したNY君以外はヒヤヒヤの受験でした。

問題は全体的に見ると易化していると思われますが、出題傾向の変化やマークシートの導入等、余裕の無い生徒には戸惑い等、簡単ではない入試には変わりないようでした。

国語は問題の難易度に大きな差は見られないものの、出題傾向が変わり、とまどった生徒もいたようです。小説の記述が無くなった代わりに、論説文の抽象的な度合いが増しました。

数学は設問数が減り、問6,7が平易になったため、難しくなった箇所はあるものの易化したといえるでしょう。

英語は英作文が一つ減り、語数も昨年より減り、リスニングやグラフを使った問題などは難しく感じる箇所があったものの、全体で見れば易化したようであります。

理科は2年連続易化した感がありますが、問題文が長く読解力が必要な問題には変わりませんでした。

社会も問題数が減少しましたが、時事問題と関連付けた問題が増え、普段から社会の問題に目を向けることが大事になりそうです。

資料の読み取りは、昨年同様、今後も大きく問われる可能性が高く、教科を超えた演習が有効です。また新傾向の問題は過去の神奈川県入試問題では不足しているので、他県の同傾向の過去問や塾にある新傾向の問題集等で演習する事が有効です。

*****************************************************************************

11または12の個別指導塾神奈川個別ゼミナール

 横浜市鶴見区[花月総持寺駅]南口より徒歩1分

鶴見生麦校045-342-9316(代表) ■サテライト教室045-342-9326

*****************************************************************************

-合格実績

Copyright© 神奈川個別ゼミナール , 2022 All Rights Reserved.